« 私の青森の旅(3) | トップページ | さとりへの道 »

情熱とはなんだ?!

 なんとなくシフトキーが弱いパソコンでこんにちは。

 今年に入ってから、病気による体力減退ですっかり萌えも減退、色々あったはずなのに何も作らずで1年が終わりそうになっています。
 萌えるドラマも映画もアニメもあるのに、火がつかないぞー。
 そこで、今、なんとなく「情熱とはなんぞや」と考えたのだけれど、答えが自分では出せないと0.2秒で悟ったので「私が萌える条件」について、考えてみることにした。(時間の無駄)
 こんなことするなら超短編でも書けや。
 以下、思いつくままに……
○関係性のおいしさ
 カプ萌えがだんぜん多い自分。しかし、実際には公式でおいしい関係だからといって萌えるとも限らないんだよね。むしろ、些細な状況証拠から捏造できるのが萌えの強みだし、実際そうしてるし……
○キャラのおいしさ
 むしろ、これかもしれない。ドラマ、映画なんかの実写ものだと、公式のキャラ設定にプラスして役者さんの演技で「何か」が加わるので、おいしさが増しやすい。最近のブームはN瀬(今更伏せ字)K久さんが酷い目に遭う、「美人じゃないおじさんの受難」。何の分析にもならないw
○中の人の魅力
 これは実写の最大の強み。公式に何もなくても美人はいいぞ。美人じゃなくてもいい。なんだどっちでもいいのか。
○少し足せる自由度
 完璧ではなくても物語世界が自律性が成立していること+自由度。妄想の余地のある話が好みです。
○スイッチが入るとき
 こうして萌えエンジンがあったまってくるわけですが、アクセル全開で飛び出すかどうかは、もう一押し「何か」がいる気がする。それは何だ?(最大の難問)
 
 そこで、最近、着火するまで萌えた案件について振り返ってみる。
 「Helix」(エロい遺伝子)は、すがすがしいまでに真田さん萌えドラマであることに感動した。なんか汁だくダブダブというかんじの公式の萌えにやられてしまった。もちろん、おじさんになってもロリみを忘れない真田さんの尊い御力があるわけだけども、なんか説得される萌えだった。
 あと、公式といえば、歴史萌え(っていうの?)。勝先生と象山先生。これ、どうしてメジャーカプじゃないんだろう? タイミング的に「幕末青春チーム」よりも年寄りだから? 戦前はめっさ人気キャラで小説、芝居と題材にされまくっていた勝先生だけどslashネタがないんだよねー。
 初対面では20歳と32歳の年の差なのに、すごい気があって、最後は妹を嫁にするぐらいだし。150センチと170センチの身長差だし。目がおっきい小柄な跳ね返りキャラ(直真影流免許皆伝)と自信過剰の頭脳派キャラだよ? ここまでの鉄板BLどうしてみんな書かないんだよー……わかった、私が書くよ。
 「花咲ナントカ」の悪い眼鏡常務と、良い部長。眼鏡官僚、眼鏡上司の道をばく進中のN瀬K久氏(だから何故伏せ字)、イヤな奴キャラであればあるほど、「泣かせたい男」(性的な意味で)度数が上がる。……ああ、そうですよ、私はSですよ。
 かけ算割り算の相手は、榎木孝明さん。毒にも薬にもならぬハンサムとか特性のない探偵とか、無味無臭な役をやりがちだった彼も、加齢でちょっと外見に含みが出て、悪い人が似合うようになってきた。……でも、「花咲」では良い人役なんだよね。(その辺の座組も含め、究極のありがちを貫いてたな、あのドラマ。だから数字が良かったのか……ぶつぶつ)
 やっぱりカプが成立して、過去が捏造できるとやりやすいなあ(ウキウキ)
 ……というのが、この一年の案件なわけですが、世の中には立派な萌え案件はもっとあったじゃないか。『SHERLOCK』もあったし『アヴェンジャーズ』もあったし、『ホビット』もあった。夏以降は『KINGSMAN』とかもあったじゃない?
 おで好みの案件がゴロゴロしてたのに、何枯れてるんだよ……と、自分で自分を叱るの図。
 このあと、コードネームおじさん見て、ボンド見て……わかった、供給がたっぷりあり、自分がやらなくちゃいけない(特殊カプなど)がなければ、やらなくていいという気持ちになるだけのことじゃん。
 たぶん、この次、飛び出しスタートするのは、サー・イアンの『Mr.Holmes』じゃないかという予感……後期高齢ロマンスに初挑戦。
 未知の世界へ。
 Boldly go where no man has gone before.

 ……最後、STネタをぶっ込んでおわる。

|

« 私の青森の旅(3) | トップページ | さとりへの道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86453/62717247

この記事へのトラックバック一覧です: 情熱とはなんだ?!:

« 私の青森の旅(3) | トップページ | さとりへの道 »