「おっさんkawaii」とは……

 「BL」という言葉が軽く地球を何周かし、「slashはスタトレから始まった」だの「いやいや、清少納言パイセンが『公達と随身萌え』とかかけ算割り算やっておられたうちのほうが先」だのなんだかんだ言って、世界中のslasher/腐女子と握手☆なことになってきてる今日この頃ですが、どうも、なんか引っかかる、まだ、世界に共有されてないんじゃないかという概念があります。
 それが「おっさんkawaii」。

 いや、「イケおじのかけ算割り算で萌える」というザックリした意味では共有されてるとは思いますが、精査していくと、どうも、なんか欠けてるかんじが……。
 それをヒシヒシと感じたのは、『Mr.Holmes』レビューにおける真田広之さん全面スルー。
 はじめは日本人マイナーだから、とか、ネタバレにつながるから、とか、そういうことかなーって思ったんですが、どうやら、真田さんのロリみをどう受け取っていいか処理し切れてないんじゃないかということに思いあたった。
 確かに広島の街の描写はアレだし、山椒の扱いとか日本だけじゃなく中国でもネーヨという感じだし、そういう色々はあるにしても、真田さんの役柄めっちゃくちゃ重要だし、そのように描かれていたのに全面スルーは不自然。
 30代とおぼしき役で、亡き父についてホームズから話をきいてうれしそうな顔をしたりがとてもナチュラルにういういしいんですが、「55歳でこのかわいみ……」というのを、素直に「かわいい」と思えなかったのかも。

 「kawaii」も、すっかり定着し、ピエール・エルメが「今回のテーマは"kawaii"です」とか真顔で言って、新作マカロンをお披露目するこの世界。
 しかーし、まだ、「kawaii」の広さ、深さは伝わりきってない!

 たとえば、『キングスマン』随一の美人さんといえば、コリン星人演じるハリーなわけですが、グスマン関係のかけ算ではハリー右側は、あんまり見かけない。(tumblerの絵ぐらいしかチェックしてないんで、偏見ですが)
 年上が左側って、リアル芸の「お約束」ではあるんでしょうけれど、ファンタジーに生きるわれわれは、より、美味しいものを探求するべきでは?
 年上が50代でも、年下攻め、たのしいのに……もったいない

 アイボリーの『最終目的地』で、「んんん?」と、真田広之のロリみにやられて以来、自分のなかでの「おっさん萌え」の深化を感じていただけに、このあまりの反応の薄さに「?」となったのでした。(『最終目的地』のときは当時49歳の真田さん、アラサーだけど20代だと思われる青年役。私の永遠のアイドル、シャルロット・ゲンズブールよりもナチュラルに若い役を演じてたのですよ。ドッキリ)
 そう、オーバー50のおっさんでも、可愛いものはkawaii。
 その感情に名前をつけてあげよう、「萌え」だよ「MOE」なんだ!……的な気分。

 ミラクル可愛いおっさんと言えば、ジェット・リー先輩がいますが、彼は『ダニー・ザ・ドッグ』とかいう狂気の萌え映画に出ています。
 こういうのがわかっちゃうところはリュック・ベッソンの野郎の才気を感じます。ち。
 しかし、アイボリー、そして、コンドンと「真田さんかわいいよね♡」と共有された萌えは十分に世間に伝わってない。『Helix〜黒い遺伝子〜』で、これでもかとしつこく展開された「真田さんかわいい劇場(毎回、泣いたり、怪我したり、脱いだり、日本刀振り回したり見せ場たっぷり)」が見事に視聴者掲示板ではスルーされていたし。
 いや、真田さんの可愛さが伝わってない、ということが言いたいんじゃなくて、「50代のおっさんに萌え萌えする」という概念が伝わってない、ということが言いたいんですよ。

 ということで、「オーバー50のおっさんもkawaiiでくくれる。萌えられる。年下攻め万歳」ということをグローバルにシェアして、世界中の萌えの総量を増やしたい……かように思うわけであります。

(追記)ショーンについても書いておかないと。ショーン・ビーンさん(57)もまた、超可愛い萌えるおっさんですが、シャープだったりしたせいで、「硬派」とか本人も思ってるフシもあり、「kawaii」をファンもしっかりつかんでない感じ。
 『Pixel』でブライアン・コックスおじたんと抱き合って「キャーッ」ってシーンも、ショーン本人はオモシロだと思ってるフシがある。あれは「むやみに威勢良く号令とばしまくる」のも含めて、可愛い。kawaii。
 ショーンの可愛さを理解してる人が制作陣にいるんだな〜と、ホッコリするとともに、それがファンもふくめて十分に伝わりきってないのがもどかしい……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情熱とはなんだ?!

 なんとなくシフトキーが弱いパソコンでこんにちは。

 今年に入ってから、病気による体力減退ですっかり萌えも減退、色々あったはずなのに何も作らずで1年が終わりそうになっています。
 萌えるドラマも映画もアニメもあるのに、火がつかないぞー。
 そこで、今、なんとなく「情熱とはなんぞや」と考えたのだけれど、答えが自分では出せないと0.2秒で悟ったので「私が萌える条件」について、考えてみることにした。(時間の無駄)
 こんなことするなら超短編でも書けや。
 以下、思いつくままに……
○関係性のおいしさ
 カプ萌えがだんぜん多い自分。しかし、実際には公式でおいしい関係だからといって萌えるとも限らないんだよね。むしろ、些細な状況証拠から捏造できるのが萌えの強みだし、実際そうしてるし……
○キャラのおいしさ
 むしろ、これかもしれない。ドラマ、映画なんかの実写ものだと、公式のキャラ設定にプラスして役者さんの演技で「何か」が加わるので、おいしさが増しやすい。最近のブームはN瀬(今更伏せ字)K久さんが酷い目に遭う、「美人じゃないおじさんの受難」。何の分析にもならないw
○中の人の魅力
 これは実写の最大の強み。公式に何もなくても美人はいいぞ。美人じゃなくてもいい。なんだどっちでもいいのか。
○少し足せる自由度
 完璧ではなくても物語世界が自律性が成立していること+自由度。妄想の余地のある話が好みです。
○スイッチが入るとき
 こうして萌えエンジンがあったまってくるわけですが、アクセル全開で飛び出すかどうかは、もう一押し「何か」がいる気がする。それは何だ?(最大の難問)
 
 そこで、最近、着火するまで萌えた案件について振り返ってみる。
 「Helix」(エロい遺伝子)は、すがすがしいまでに真田さん萌えドラマであることに感動した。なんか汁だくダブダブというかんじの公式の萌えにやられてしまった。もちろん、おじさんになってもロリみを忘れない真田さんの尊い御力があるわけだけども、なんか説得される萌えだった。
 あと、公式といえば、歴史萌え(っていうの?)。勝先生と象山先生。これ、どうしてメジャーカプじゃないんだろう? タイミング的に「幕末青春チーム」よりも年寄りだから? 戦前はめっさ人気キャラで小説、芝居と題材にされまくっていた勝先生だけどslashネタがないんだよねー。
 初対面では20歳と32歳の年の差なのに、すごい気があって、最後は妹を嫁にするぐらいだし。150センチと170センチの身長差だし。目がおっきい小柄な跳ね返りキャラ(直真影流免許皆伝)と自信過剰の頭脳派キャラだよ? ここまでの鉄板BLどうしてみんな書かないんだよー……わかった、私が書くよ。
 「花咲ナントカ」の悪い眼鏡常務と、良い部長。眼鏡官僚、眼鏡上司の道をばく進中のN瀬K久氏(だから何故伏せ字)、イヤな奴キャラであればあるほど、「泣かせたい男」(性的な意味で)度数が上がる。……ああ、そうですよ、私はSですよ。
 かけ算割り算の相手は、榎木孝明さん。毒にも薬にもならぬハンサムとか特性のない探偵とか、無味無臭な役をやりがちだった彼も、加齢でちょっと外見に含みが出て、悪い人が似合うようになってきた。……でも、「花咲」では良い人役なんだよね。(その辺の座組も含め、究極のありがちを貫いてたな、あのドラマ。だから数字が良かったのか……ぶつぶつ)
 やっぱりカプが成立して、過去が捏造できるとやりやすいなあ(ウキウキ)
 ……というのが、この一年の案件なわけですが、世の中には立派な萌え案件はもっとあったじゃないか。『SHERLOCK』もあったし『アヴェンジャーズ』もあったし、『ホビット』もあった。夏以降は『KINGSMAN』とかもあったじゃない?
 おで好みの案件がゴロゴロしてたのに、何枯れてるんだよ……と、自分で自分を叱るの図。
 このあと、コードネームおじさん見て、ボンド見て……わかった、供給がたっぷりあり、自分がやらなくちゃいけない(特殊カプなど)がなければ、やらなくていいという気持ちになるだけのことじゃん。
 たぶん、この次、飛び出しスタートするのは、サー・イアンの『Mr.Holmes』じゃないかという予感……後期高齢ロマンスに初挑戦。
 未知の世界へ。
 Boldly go where no man has gone before.

 ……最後、STネタをぶっ込んでおわる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おしかけゲスト

 この夏は大祭にもインテにも参加せず、おとなしくしてました。
 なんか淋しい~。
 とはいえ、断続的に原稿はしてました。

 自分のサークルではないですが、よそさまの御本にゲスト。
(畳みます)

 

続きを読む "おしかけゲスト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つれづれヲタ生活

 W杯で連日寝不足です。
 予選からこの調子だと決勝トーナメントではどうなっちゃうの。
 サッカーにおける「大局観」と「intensity」についてillyさんと語り合うなど。あと、サッカー漫画といえば『キャプ翼』だけでなく、『シャンペンシャワー』もお忘れ無く。

 さて、緩和及第。いや、閑話休題、近況報告。
(たたみます)

続きを読む "つれづれヲタ生活"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この頃の萌えメモ

 世界は萌えであふれてる……!

 また、間があいてしまいました。
 春ドラマは「ロング・グッドバイ」に注目してます。チャンドラー原作で、登場人物を日本人にして、'50年代の香港東京で展開する「元祖ハードボイルド」という名のファンタジーでございます。
 脚本は渡辺あやだし、キャストも演出もいけそうなんで、期待。

 さて、ここしばらく見聞したドラマ、映画、舞台から萌えメモを……(たたみます)

続きを読む "この頃の萌えメモ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

源義賢之墓×2

 わー、もう、ことしも1月過ぎようとしています。
 なんという歳月人を待たず。年々歳々人同じからず。赤城の山も今宵限り。……種がすぐ尽きたw

 この週末にはCC東京に「歴史創作サークル」として参加いたします。
 干物ジャンルとして本格化してきました(?) 
 新刊ありなのがうれしいです。
 もちろん頼長様の本ですよ。はっはっは(乾笑)

 と言うわけで、先月、頼長様にゆかりの人物、源義賢のお墓を尋ねて武蔵の国に行って参りました。
 義賢といえば、1155年、大蔵合戦で甥の源義平に討たれ、その遺児が後に木曾義仲と呼ばれる駒王丸なんですよ。コアな義仲ファンには基本中の基本な重要人物でございます。
 わたしは勿論、「とはいえ、六条堀川で生まれ育った義賢が婿にいった武蔵ってどうよ?」という興味でございました。

 ……歴史にこれっぽっちも興味なかったんですが、まあ、人生とはわからないものでございますよ。

(続きはたたみます)

続きを読む "源義賢之墓×2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豆ときどき平安

120808_182401 とりあえず、ぺたっと写真貼りました。

 夏にハノイで撮ったものです。バイクが道にあふれていて、黄昏どきにみんながどこかに出かけたそうにしているところです。(ガラケーのカメラでも結構みられるね)

 さて、夏の日記から随分間が空いてしまいました。

 ……わたし何やってたんだろう?

 というわけで、 ここ数ヶ月の近況を。以下、たたみます。

続きを読む "豆ときどき平安"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジャンル:干物

 ショーンが女装するBBCの法廷ドラマ「ACCUSED」トレイラーが出ましたね。
 トレイシーの投げキス☆倒れましたw
 「好奇心が満足したなら、行きなさいよ」っていう台詞とか……圧倒的に不幸そうな雰囲気がたまらなく期待させます。豆この女装をおいといても、面白そうなドラマです。えねっちけー放送してよー。

 さて。

 あっという間に七月が終わってしまいました……ガーン

 そして、今年も気がつけば夏祭カウントダウンです……ヒー

 この夏はありがたいことに、祭にスペースいただきました。ありがたや〜。

 しかし……

 1月の私には、今の自分が予測できていませんでした。
 確かに、ジャンルはRPS(実在の人物の出てくるslash)……しかし、今年のわたしの新刊は「藤原頼長本」なんです………………もし、藻豆待ってるかたがいらしたら、ごめんなさい。でも、頼長です。大河二次でもないんです。

 RPSって、別名「生物(なまもの)」って言いますけど、歴史上の人物の場合だと「干物」って言うんですって……ようこそ、干物の世界へ☆

 以下、「私は如何にして藤原頼長に滾ったか」なので、畳みます。

続きを読む "ジャンル:干物"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつのまにかMP16

 お正月にブログ更新して以来です……おひさしぶりです。
 その間、歌舞伎いったり映画見たりして遊んでいましたが、そんな私の生ぬるい日々に活を入れる事件が……。
 そう、まさかまさかのショーン・ビーンさん(52歳)の女装。
 職業意識の高い人だから何でもアリだろうとは思っていましたが、でも、こうくるとは思わなかった……甘く見ていてゴメン(笑)(Sさん曰く「想像の斜め上を行く男」)
 なんか惚れ直してしまいました♪←

 というわけで、ガッツいれて新刊のお話書きました。
 土曜日、よろしくお願い致します。

 (表紙用の素材を撮影していたら、猫も参加したいとはいってきました)

Mono_bin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御礼&お詫び(→解決。追記あり)

 ムパラ、無事に新刊2冊出すことができました。
 お越し下さったみなさま、本当にありがとうございました〜。
 会場では、眠さMAXだったので反応もはっきりせず、失礼いたしました。
 お久しぶりの刑事豆本は意外に長くなってしまいましたが、登場キャラ盛りだくさん、事件起きまくりでだいぶ盛らせていただきました。後述しますがミスもあったりしますが、楽しんでいただけると幸いです。
 それから、Xメソの本、勢いで作ってしまいました。
 久しぶりに藻豆じゃないお話を書きました。おもしろかった。勢いのあるジャンルにちょっこしでも参加してる感があって、それも楽しかったです。
 お宝もバッチリ、ゲットできてウハウハです。素晴らしいイベントでした。
 わたしの次のイベント参加は、やっぱり来年のむぱらでしょうか。冬は行けるとしても一般ですので。

 横浜でのイベントは、なんだか広々として潮風なんかも感じられちゃって、とっても楽しかったです。
 イベント後は中華街で買い物したり、お茶したり、おいしい上海料理なんかもバシバシ食べて、すっかり横浜観光客してしまいました。ふふふ。






 さて、この後は、「火○ス」でやらかしたミスのお詫び(ネタバレ的な)ですので、畳みます。ううう(涙)



 
 

続きを読む "御礼&お詫び(→解決。追記あり)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)